2017年3月28日 (火)

朴裕河著『引揚げ文学論序説―新たなポストコロニアルへ』を読む

 私の知っている「引揚げ」は、学生時代に農場実習で世話になった八ヶ岳山麓の開拓村の老夫婦や、宇都宮で読書会をともにした高校教師が、旧満州からの引揚者であったこと、また、昨年100歳で亡くなった地区最長老の男性が、シベリア抑留からの帰還者であったことなどです。私にとって「引揚げ」は、無縁ではない。このことは、戦後「外地」(植民地や占領地)から「内地」への帰還者が、民間人341万人、軍人・軍属311万人、合計650万人(当時の人口の10%)という膨大な人数であったことを思えば、納得がいきます。

» 続きを読む

2017年3月19日 (日)

津波予見可能・原発事故は防げた! 群馬避難者・原発訴訟判決

  一昨日、前橋地裁において、福島原発事故で群馬県に避難した住民による集団訴訟の判決があり、その報告集会に参加しました。会場となった教育会館大ホールには、立錐の余地なく大勢の人びとが詰めかけ、熱気がこもっていました。演壇の上には、「故郷を・普通の生活を返せ!こどもの未来を奪うな!」と大書したパネルが掲げられていました。Img_0020

» 続きを読む

2017年3月10日 (金)

オスプレイ初飛来

 昨日の朝、米軍の垂直離着陸機オスプレイの参加する日米共同訓練に反対するため、榛東村の自衛隊相馬原演習場へ行きました。相馬原は、自宅から車で1時間ほどの距離、現地に到着した9時30分ころには、すでに50人前後の市民が「オスプレイ GO HOME!」等の横断幕を掲げ、オスプレイ飛来と日米軍事演習の反対を訴えていました。Img_0018

» 続きを読む

2017年3月 8日 (水)

絶望と希望と、怒りと祈りと―『広河隆一・チェルノブイリ―展』から―

 先週末の3月4日、5日、高崎市吉井文化会館ギャラリーで開催した『広河隆一・チェルノブイリ展』は、184人もの入場者があり盛況のうちに終わりました。フォトジャーナリスト広河隆一さんの知名度の高さとともに、昨年につづき、吉井町行政区でのチラシ回覧とポスター掲示、高崎市内の公民館や文化会館へのポスター掲示とチラシ配置、そして12月以降は脱原発関連集会等でのチラシ配布など宣伝活動に力を入れた結果でした。人口2万人ほどの小さな町内の140か所の掲示板に張られた乳児を抱いたベラルーシの母親の肖像は、町や村の人びとの眼にどのように映ったでしょうか。Img_0002_2

» 続きを読む

2017年2月27日 (月)

今朝のバード・ウォッチング

 つれ合いと向いの里山を散策。右手にコンパクトカメラを握りしめ、野鳥の飛来を期待する。すると、竹藪のなかから、甲高いチィッチィッチィッという声とともに10数羽のエナガの群れが、素早く飛んでいきました。カメラを向ける暇も与えない速さ。エナガの撮影は、難しい。(写真は10日ほど前に、自宅の庭に飛んできたエナガをキャッチしたもの)Img_0007_1

» 続きを読む

2017年2月25日 (土)

オスプレイ来るな!

 昨年末、沖縄で墜落事故を起こした垂直離着陸機オスプレイが、3月、群馬にやってきます。沖縄では、オスプレイ墜落の事故原因すら究明されないまま飛行訓練が再開され、県民の激しい怒りを買いました。防衛省によると、3月6日から17日にかけて、群馬県相馬原演習場と新潟県関山演習場において、陸上自衛隊と米海兵隊による日米合同訓練を実施する、というもの。今日、高崎城址公園で開催された「オスプレイ来るな!日米合同演習やめよ!2・25群馬県民集会」に参加し、オスプレイ飛来反対の意思表示をしました。Img_0008

» 続きを読む

2017年2月13日 (月)

ウソ発見!― 続々・探鳥 ―

 今朝は、連合いをともない、里山探鳥。昨日までの強い風もなく、快晴の空はここちよい。小さなチッチッチッという地鳴き声を追いかけると、エナガが多数群れて、せわしなく樹間を飛び回っていた。エナガの他には、姿も鳴き声もない。しばらく尾根沿いに歩いていくと、スズメ大の珍しい鳥が数羽、飛び交っていた。群れはやがて、10数メートル先の大きなサクラの樹にとまった。Img_0031

» 続きを読む

2017年2月11日 (土)

続・探鳥

 昨春愛犬が亡くなり、24年間つづいた犬との生活が終わりました。犬がいなくなると、朝夕の散歩が疎かになる。そこで、連れは近所の柴犬をパートナーに散歩し、私は愛猫タマとの散歩を企てたけれど引っ掻かれて失敗。そこで、この冬から、野鳥を求めて里山を散策することにしました。

» 続きを読む

2017年1月22日 (日)

ときには、探鳥

 高崎・観音山野鳥の森にバード・ハウスがあり、探鳥を楽しむことができます。冬期の土日には、日本野鳥の会のメンバーが駐在して、野鳥たちの名前や生態を丁寧に教えてくれる。
 ヤマガラが盛んにやってきて、餌場のヒマワリの種子をくわえて飛びたち、またすぐに戻ってきて種子をくわえる、という行動を繰り返していた。どこかに餌をため込んでいるようです。Img_2581

» 続きを読む

2017年1月17日 (火)

『広河隆一・チェルノブイリ展』を高崎市吉井町で開催します

 来る3月4日(土)、5日(日)の2日間、東日本大震災・福島第一原発事故6周年を記念して、『広河隆一・チェルノブイリ展』を、高崎市吉井町の文化会館ギャラリーで開催します。すでにチラシとポスターは印刷を終えており、今日から宣伝活動に入ります。当日会場に掲示する予定の主催者の「挨拶文」をもって、開催の趣旨説明とします。(ポスター:「6.pdf」をダウンロード)

» 続きを読む

«夏目漱石著『明暗』と水村美苗著『続 明暗』を読む