« 野反湖の白い雲 | トップページ | 谷川岳の小さな紅葉 »

2006年10月15日 (日)

核開発と太陽政策

 金大中前大統領に始まる、北朝鮮にたいする韓国の「太陽政策」が、窮地に陥ってます。太陽政策こそが、今日の北朝鮮の核実験をもたらしたのだ、という論調です。
 私は、この論には組しません。
 私は、01年の年賀状で、友人たちに向かって、次のようなメッセージをおくりました。

 「朝鮮戦争から50年。南北首脳会談、金大中さんのノーベル平和賞受賞、そしてオリンピック南北選手団の統一行進。胸の熱くなる出来事が、続きました。
 昨年の前半、私は、ある韓国人作家の小説に、圧倒されていました。チョウ ジョンネ著『太白山脈』。4千ページを超える大作は、朝鮮戦争さなかの全羅南道の小さな田舎町を舞台に、朝鮮の人々の戦いと苦悩を、克明に描いています。戦争で亡くなった人々への鎮魂の書が、南北統一に向けた希望の書となっています。6月、『太白山脈』を読み終え、深い感動のなか茫然としていた時、南北首脳会談のニュースが、飛び込んできました。」

 あれから6年余が経過し、今日にいたりました。この間、何が変わり、何が変わらなかったのか。
 韓国政府による太陽政策は、堅持されて来ました。南北間の関係は、さまざまの問題を抱えながらも、一貫して南北統一を希求するものでした。それは、韓国側により強くあったように思います。大きく変わったのは、アメリカ合州国政府でした。ネオコンたちを引き連れたブッシュ大統領の登場です。9.11テロ、アフガン攻撃、そしてイラク侵攻。アメリカ合州国とその追随国家によるイラク侵略が、北朝鮮政府を震え上がらせたことは、容易に想像できることです。そして、アメリカ政府が、核保有国に対しては、武力攻撃を仕掛けたことがないという事実は、北朝鮮首脳に、核開発を決意させるに十分な理由ではなかったでしょうか。
 私は、アメリカ政府とその追随国家政府こそが、北朝鮮の核開発を促進したと考えます。
 私たちの憲法は、外交努力での国際間紛争の解決を、求めています。わが国の政府が、冷静にして沈着に、この憲法原則に則って行動することを、強く求めます。

« 野反湖の白い雲 | トップページ | 谷川岳の小さな紅葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/12291543

この記事へのトラックバック一覧です: 核開発と太陽政策:

« 野反湖の白い雲 | トップページ | 谷川岳の小さな紅葉 »