« 紅梅の開花 | トップページ | 小説『千々にくだけて』 »

2007年1月21日 (日)

捨てられた鶏たち

  昨日の朝、犬2頭を連れて山に散歩に出掛けたとき、山中の小さな道に赤毛の鶏が1羽、両足を上にあげひっくり返った状態で、死んでいました。そこから数メートル離れた竹藪では、真竹の3分1位の高さの枝に、白色の鶏が止まり、悲しげに首を振っていました。道には、血が筋状に流れています。妻の話では、おとといの夕方、彼女が犬の散歩に行ったとき、10羽前後の鶏たちが、道の片側に肩を寄せ合うように固まっていた、とのこと。この2羽以外は、どこへ行ったのでしょうか。
 さて、彼らは逃亡者か捨て子か。逃亡者の場合は、飼い主がわかれば一件落着ですが、捨て子の場合は、何故捨てたのかが気がかりです。宮崎の鳥インフルエンザのニュースが、いまだ進行中なのです。そこで、町役場に電話しました。すると、「大量に死んだのならともかく、1羽死んだくらいなら、獣にでもやられたんでしょう」ということで終わり。そうじゃなくって捨てられたとしたら、と言葉をつなぐ暇もなく、電話を切られてしまいました。
 自宅の周りの里山には、よく動物たちが捨てられます。もう10年以上も前になりますが、娘が軍鶏(しゃも)を連れて帰ってきたことがあります。夜の暗闇のなか、近くの小さな橋の欄干に、ひとり寂しげに止まっていたとのこと。変わった捨て子でしたが、わが家で飼うことになりました。闘争心の強い鶏で、片羽を大きく広げて、しゅっしゅ、しゅっしゅと執拗に攻撃してきました。でも、抱いてやると大人しくなり、目を細めてウットリとしていたものです。結構かわいい奴でした。まだ鳥インフルエンザの話もなく、のんきな時代でした。他にペットの捨て子は、犬・猫が常連です。そのうち、猫8匹と犬1匹が、家族の仲間入りをしました。
 しかし今回は、心を鬼にして、見捨てることにしました。竹の枝に止まった白鶏の姿が、目から消えません。

 

« 紅梅の開花 | トップページ | 小説『千々にくだけて』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/13604266

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てられた鶏たち:

« 紅梅の開花 | トップページ | 小説『千々にくだけて』 »