« 字幕屋さんの日本語論 | トップページ | 桜の様子が? »

2007年4月 8日 (日)

映画『麦の穂をゆらす風』

 ケン・ローチ監督作品『麦の穂をゆらす風』を観ました。
 1920年のイギリス支配下のアイルランドが舞台。飢餓と貧困にあえぐアイルランドの人びと。青年たちは、独立戦争に立ち上がります。イギリス軍との間で、熾烈な戦いが続きますが、青年たちの執拗な抵抗に、やっと講和条約が結ばれ、一時の平和が訪れます。しかし、条約は完全な独立と自由の獲得には程遠く、賛成派と反対派との間で、内戦が起こります。繰り返される暴力と裏切り、戦友間の離反と殺し合い、そして、兄が弟を処刑する悲劇。イギリス帝国主義の、剥き出しの暴力性と理不尽さが、貧しいが美しいアイルランドの農村風景をバックに、丹念に描かれています。

 イギリスでは、この映画を「反英国的だ」とした新聞評もあったといいます。しかし、ケン・ローチ監督は、パルムドール(最高賞)を受賞したカンヌ映画祭で「私は、この映画が、英国がその帝国主義的な過去から歩み出す、小さな一歩になってくれることを願う。過去について真実を語れたならば、私たちは現実についても真実を語ることができる」とインタビューに答えました。
 私はこの作品を観ているあいだ、イギリスがアイルランドを植民地にしたのと同じように、日本が朝鮮を植民地にしていたことを考えていました。アイルランドの人びとが、母語であるゲール語を禁じられたと同じように、朝鮮の人びとは、朝鮮語の使用を禁じられました。また、イギリス国王への従属を強要されたと同じように、天皇崇拝を強要されました。そして独立後、アイルランドが内戦となったと同じように、朝鮮も内戦へ突入しました。映画に描かれたと同じような悲劇が、朝鮮半島においても、起こっていたはずです。
 日本人監督によって、朝鮮侵略、独立戦争そして朝鮮戦争を題材とした映画が作成された場合(もちろん歴史の真実に基づいて作られることを前提に)、それを観る私は、どう感じるのだろうか、とも考えていました。そして、歴史改ざんにひた走る人たちの「この映画は反日的だ」との叫び声が、大きく響き渡るだろうなと、いやな予測すらしました。

« 字幕屋さんの日本語論 | トップページ | 桜の様子が? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『麦の穂をゆらす風』:

« 字幕屋さんの日本語論 | トップページ | 桜の様子が? »