« 新茶とお蕎麦の集い | トップページ | 映画『サン・ジャックへの道』 »

2007年5月19日 (土)

「二人のクローデル」展

 ことしの2月、静岡県立美術館で観たロダン作『パンセ』は、その静かな美しさに強く惹かれると同時に、何かを凝視する眼に不思議な寂しさを感じ、しばらくの間、その場を離れられなかったものです。モデルは、ロダンの弟子であり愛人でもあったカミーユ・クローデルでした。そのクローデルの作品が来ているというので、川口市で開かれている『二人のクCamillesmall1ローデル展』へ行ってきました。
 「彼女はたぐいまれな才能と美貌に恵まれ、ロダンとポール・クローデルという二人の芸術家に深く霊感を与えましたが、自らは精神に変調をきたして創作活動に挫折しました。そして孤独のうちに30年間もの年月を精神病院で過ごし、一生を終えたのです。」(展覧会のリーフレットから)

 
 
 男女の魂の結合の賛歌、恍惚としてワルツを踊る男女、大きな波に飲み込まれそうな3人の少女たち、そして、ロダンと内妻とカミーユの三角関係を表現した3人の男女像など、出品されている多くの作品が、ドラマチックでしかも激しい動きが表現されています。そうしたなかで、ひとつの小さく静かな作品が、眼に留まりました。
Kamiyumonoomoiblog1  『もの思い』(1898年23.7×22.4×19.3㎝)。
 一人の若い女性が、暖炉に向って跪き、炉の火に顔を向けて、何かしらもの思いに沈んでいます。祈っているのかもしれません。クローデル34歳のときの作品です。既にロダンとは別れており、この作品の7年後に、精神に異常をきたし、病院に入院させられます。静かなもの悲しい作品です。(出品作品は、暖炉を含めすべてブロンズ)

« 新茶とお蕎麦の集い | トップページ | 映画『サン・ジャックへの道』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/15126714

この記事へのトラックバック一覧です: 「二人のクローデル」展:

« 新茶とお蕎麦の集い | トップページ | 映画『サン・ジャックへの道』 »