« 映画『厨房で逢いましょう』 | トップページ | ドキュメンタリー映画『カルラのリスト』 »

2008年1月 1日 (火)

早朝の里山

P1010102  6時に起床し、家内とともに犬2頭を連れて、近くの山を歩きました。田畑は、うっすらと霜を被って白色にしずまり、東の空は、ぼんやりと茜色に染まっています。歩き始めて20,30分たったころ、太陽が悠然とその姿を現わしました。そのとき丁度、太陽の真上高くを、8羽の渡り鳥が、西に向かって飛んでいきました。

P1010123 山の雑木林が、朝日に照っています。落ちていたドングリからみて、多分コナラだと思います。10数年に一度伐採し、椎茸のほだ木として使っています。ただ最近は椎茸栽培農家も減り、雑木を伐採しているところはあまり見かけません。木々はほとんど株立ちしていますが、これはかつて繰り返し伐採をしたためでしょう。
P1010144  私の住む集落にも、朝日が射しはじめました。すでに歩き始めて1時間は経っています。普段は、通勤の車が、結構通っていく時間帯ですが、元旦の朝は、さすがに静寂そのもP1050640のです。   車の窓ガラスに霜が降りて、美しい模様を作っていました。時計の針の逆方向に、渦巻いています。隣に止まっている車には、降霜はしているのですがこの模様はありません。何らかの条件で、渦巻き模様が、形作られるのでしょう。                        
P1050649  家の前の畑に、霜のびっしり張り付いたシモニタネギがありました。細いガラス棒のような霜が、朝の光に光っていました。目をこらしてあちこち見渡すと、きれいな自然現象が、いくらでも発見できます。   
P1010149 木陰に生えていたノイバラ(野茨)の小さな葉にも、霜が取り付いていました。大人の小指の爪ほどの大きさの葉のまわりを、白色に縁取っています。陽か差し込んでくると、簡単に融けてしまい、きらきらと輝く水玉に変わってしまいました。

 

 昨年は、外にあってはテロと戦争の暗いニュースが絶えず、内にあっては日本社会が内部崩壊してしまうのではないかと危惧される事態が続き、それらのほとんどがなんら解決や方向を見いだせないままに、今年に引き継がれてきました。圧倒的に政治の重要さが試されるわけですが、その政治家たちには、歴史に対しては真摯に、現在に対しては誠実に、そして未来に対しては責任を持って欲しい、と願うばかりです。今年あると予想される衆議院議員選挙での投票にあたっては、このことをしっかりと踏まえたいと思います。                                      

« 映画『厨房で逢いましょう』 | トップページ | ドキュメンタリー映画『カルラのリスト』 »

コメント

新年明けましておめでとうございます
昨年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
健康体操の会を始めて三年になります。一ボランティア団体では限界がありますが、全市に健康体操を広めて、医療・介護費削減という大望を掲げて努力を続けています。
日本の医療が予防に重点を置くよう、医学界・行政が方向転換をしなければ、増税そして健康保険・介護保険の破綻を免れません。
昨年から富岡製糸場の解説員を始めました。楽しくやっています
いろいろと学習に追われますが、パソコン・インターネットの
お陰で調べるのも書くのも広範に能率よく楽しく行えるように
なりました。若いころからこれを利用できたら、私ももう少し
勉強家になっていたかもしれないと、終末に際して負け惜しみ
を言っています。
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
二〇〇八年 元旦           堀田徳昭

minomaさんのブログをしり、訪れてみました。minomaさんの人柄が、そのまま滲み出てくる、またその人生観が髣髴とされる諸々の文章です。私は、過去に氏とその人生の軌跡を交わせた者ですが、時を経て氏の感性を、感ずるのは嬉しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の里山:

« 映画『厨房で逢いましょう』 | トップページ | ドキュメンタリー映画『カルラのリスト』 »

無料ブログはココログ