« 『憲法・古典・言葉 加藤周一対話集』を読んで | トップページ | 榛名梅林 »

2008年3月 9日 (日)

ウルビーノのヴィーナス

P1010469 3月4日自宅裏山で、今年初めてウグイスの囀る声を聞きました。昨年より1週間ほど遅いようです。小さなピンクの花、ホトケノザの開花も遅く、周辺ではここ数日にやっと咲き始めたところです。暖冬だった昨年からはずっと遅くれて、西上州の里山にも、春が確実に近づきつつあります。
 週央、暇を見つけて国立西洋美術館に、イタリアのヴィーナスたちを観に行きました。古代、ルネサンス、そしてバロック初期の、絵画・彫刻・工芸品に表現されたヴィーナス70点。その中心は、フィレンツェのウフィーツィ美術館から来た、ティツィアーノ(1488-1576)作『ウルビーノのヴィーナス』(油彩119*145cm1538)。

Photo_5 真紅のベットに敷いた白のシーツのうえに、豊かな裸体をさらした若い女が、横たわっています。目を引くのは、あの挑発的な眼差しと、淡く柔らかい金色の肌です。藤田嗣治の乳白色の肌を思い出します。右手に持つ赤色のバラの花が、図像学でヴィーナスを示唆するという。左手は、隠すというより観者を誘惑しているようです。右側で眠る犬は、従順を表すとイヤフォンから聞こえてくる解説。また、彼女を訪ねてきた男性(こちら側にいる)を知っていて、安心して寝ているとも。ルネサンスでもっとも官能的な絵画のひとつです。じっと見詰ていて、すこしづつ顔が赤らんでくるようでした。500年前のヴィーナスに、すこし翻弄されたような気分です。
 このヴィーナス像は、ティツィアーノのあとの時代に、裸体画を描く時の基準になったとされる作品です。印象派の先駆者マネは、画学生時代に『ウルビーノのヴィーナス』を模写し、のちに代表作『オランピア』(1865)に結実します。またゴーガンは、マネの『オランピア』を模写し、やはりゴーガンの代表作『マナオ・トウパパウ(死霊が見ている)』を描きました。美術史上の古典的なモチーフが、連綿として引き継がれていった好例です。

« 『憲法・古典・言葉 加藤周一対話集』を読んで | トップページ | 榛名梅林 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/40437998

この記事へのトラックバック一覧です: ウルビーノのヴィーナス:

« 『憲法・古典・言葉 加藤周一対話集』を読んで | トップページ | 榛名梅林 »