« 竹林整備と里山再生 | トップページ | 加藤周一と読む『源氏物語』-その3- »

2010年2月 9日 (火)

ボンネット・キャット その後

P1100272_2_3  昨年の夏、車のボンネットからやってきた子猫のタマ。あれから半年たち、当初500gだった体重も、いまは2500gになりました。「げんき?」「おおきくなったあ?」と友人・知人から、声がかかります。そこで、ここ1ヶ月に撮った写真を、アップします。
 紫式部は、『源氏物語』で猫を「ねうねう」と鳴かせています(若紫)。道ならぬ恋に狂った柏木は、女三の宮の飼っていた猫を手に入れ、その鳴き声に「寝よう、寝よう」という声を聞きとり、微笑みます。

P1100333_4 P110034511_2

P1100347_2 Img_2756_1_3

Img_28701_1_3 Img_30952_1_4

P11003551_2 P1100310_1_3

  P11003691_1_2

« 竹林整備と里山再生 | トップページ | 加藤周一と読む『源氏物語』-その3- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンネット・キャット その後:

« 竹林整備と里山再生 | トップページ | 加藤周一と読む『源氏物語』-その3- »

無料ブログはココログ