« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

にぎやかに、真竹の子供たち

Img_0145_1_2  5月に伐った真竹林から、竹の子がいっせいに、地上に頭を出しています。 6月中旬はじめから、既に竹林のあちこちで、生えだしていたのですが、本格的な入梅とともに、その勢いは止まるところを知りません。

.

続きを読む "にぎやかに、真竹の子供たち" »

2011年6月21日 (火)

隣組の訃報、二つ

 西隣りのY家の奥さん(87歳)が、一昨日の夜、入院先の病院で亡くなられました。ほんのひと月ほど前に、庭で草むしりをされている様子を見かけたり、5月連休明けのころ、家内が自家製のキャラブキを持っていった際には、何よりのご馳走だね、と喜ばれたのですが。この半年の間、食が極端に細り、入退院を繰り返していたとのこと。医者の診断は、「老衰のため」。

続きを読む "隣組の訃報、二つ" »

日本人の反核・原発容認の歴史

  日本人の間に、原水爆禁止の声がひろがり、広範な国民運動として定着したのは、1954年3月1日の第五福竜丸事件がきっかけでした。この日、太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁沖で、マグロ漁をしていた第五福竜丸が、アメリカの水爆実験による「死の灰」を被り、23人の乗組員が、放射能に被曝しました。また、マグロや雨水から高濃度の放射能が検出され、魚・野菜・飲み水の汚染も問題となって、日本国内は、放射能パニックのような状態となりました。

続きを読む "日本人の反核・原発容認の歴史" »

2011年6月16日 (木)

ヒロシマ・ナガサキ、そして今また、フクシマ

   昨年10月に広島の平和記念資料館を訪れたというドイツの社会学者、ウルリッヒ・ベック氏は、福島原発事故によせて次のように問いかけています。「私にとって今も答えが出ないのは、核兵器のまったき非人間性を倦むことなく告発し続けてきた日本が、なぜ同時に原子力の開発をためらうことなく決断し得たのか、という問いである」(ベック稿『福島、あるいは世界リスク社会における日本の未来』「世界」7月号)。

続きを読む "ヒロシマ・ナガサキ、そして今また、フクシマ" »

2011年6月 7日 (火)

竹林整備を楽しむ

P1140712_1_3   3.11以降の80日余は、被災者の境遇に涙し、原発事故に不安と恐怖を強いられ、絶望的なまでの政治の貧困に、気分は落ち込むばかりです。人生の同伴者との会話も、いささか荒れ模様で、国会での「目糞(自民党)鼻屎(民主党)を笑う」図に 、あきれ返ったり罵ったりと、落ち着きません。だから週末には、荒廃した竹籔に入って竹伐りに汗を流し、美しくなった竹林を愛でて、憂さを晴らします。

続きを読む "竹林整備を楽しむ" »

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ