« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月18日 (火)

反日デモ ― 丹羽駐中国大使の警告が現実に

 新聞やテレビの報じる中国の尖閣・反日デモは、日を追って拡大し、行動も過激化して収まる気配がありません。日本政府はみずから当事者となって動きがとれず、自民党総裁候補たちは、時を得たばかりに、ナショナリズムを煽る言辞を弄して、無責任に元気づいています。アジア近隣諸国との和解と友好を願ってきたひとりとして、悲しみとやり切れなさがつのるばかりです。今日一日、『世界』10月号の特集記事「日中国交回復40年 ― 対立を越えるために」読みつづけました。

続きを読む "反日デモ ― 丹羽駐中国大使の警告が現実に" »

2012年9月10日 (月)

長寿を祝う会

 週末、地区の高齢者を対象にした長寿を祝う会が、開催されました。毎月1回開いている地域の人びとの集い「ふれあいの日」の、9月の企画です。回覧された案内には、つぎのように記されていました。
 「地区に住むお爺さんとお婆さんの、長年にわたる地区への貢献に感謝するとともに、皆さんの長寿をお祝いします。」

続きを読む "長寿を祝う会" »

2012年9月 1日 (土)

脱原発 二つの集い

 毎週金曜日の首相官邸前での脱原発・原発再稼動反対デモは、「一時の現象(ブーム)」という見方を乗りこえて持続性を発揮し、しかもその影響は、日本社会に広くかつ深く、浸み込んでいくようです。当初、無視あるいは軽視を決め込んでいたマスメディアも、最近では、さかんに取り上げるようになりました。
 北関東の地方都市での脱原発運動も、地味ではありますが、継続して取り組まれています。

続きを読む "脱原発 二つの集い" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

無料ブログはココログ