« 「戦争法廃止」署名活動の顛末 | トップページ | 加藤周一「青春ノート」と『チボー家の人びと』 »

2016年5月13日 (金)

初夏の里山散策・白い花を求めて

 高崎・観音山丘陵の里山を歩きました。いまだニセアカシアの白い花が、樹冠いっぱいに咲き誇っていますが、そのあとを追うように、エゴノキのかわいい花が、あちこちで咲きはじめました。Img_8757_2

 染料植物園には、満開のヤブデマリ。Img_8802 大きな吊り橋のひびき橋のたもとに、すでにヤマボウシが咲いていました。Img_8823_2 ホウノキの大きな花は、高い幹の先端に咲くため、下から見ることは難しい。丘陵中腹の駐車場から、ちょうど見下ろす角度に、この花がありました。英名japanese Bigleaf Magnoliaに納得。Img_0494 足下のノイバラは、芳香を放ち、熊ん蜂を誘っていました。Img_8766 初夏、里山は白い花たちでにぎわいます。


« 「戦争法廃止」署名活動の顛末 | トップページ | 加藤周一「青春ノート」と『チボー家の人びと』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/63623067

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の里山散策・白い花を求めて:

« 「戦争法廃止」署名活動の顛末 | トップページ | 加藤周一「青春ノート」と『チボー家の人びと』 »