« 2017年2月 | トップページ

2017年3月19日 (日)

津波予見可能・原発事故は防げた! 群馬避難者・原発訴訟判決

  一昨日、前橋地裁において、福島原発事故で群馬県に避難した住民による集団訴訟の判決があり、その報告集会に参加しました。会場となった教育会館大ホールには、立錐の余地なく大勢の人びとが詰めかけ、熱気がこもっていました。演壇の上には、「故郷を・普通の生活を返せ!こどもの未来を奪うな!」と大書したパネルが掲げられていました。Img_0020

続きを読む "津波予見可能・原発事故は防げた! 群馬避難者・原発訴訟判決" »

2017年3月10日 (金)

オスプレイ初飛来

 昨日の朝、米軍の垂直離着陸機オスプレイの参加する日米共同訓練に反対するため、榛東村の自衛隊相馬原演習場へ行きました。相馬原は、自宅から車で1時間ほどの距離、現地に到着した9時30分ころには、すでに50人前後の市民が「オスプレイ GO HOME!」等の横断幕を掲げ、オスプレイ飛来と日米軍事演習の反対を訴えていました。Img_0018

続きを読む "オスプレイ初飛来" »

2017年3月 8日 (水)

絶望と希望と、怒りと祈りと―『広河隆一・チェルノブイリ―展』から―

 先週末の3月4日、5日、高崎市吉井文化会館ギャラリーで開催した『広河隆一・チェルノブイリ展』は、184人もの入場者があり盛況のうちに終わりました。フォトジャーナリスト広河隆一さんの知名度の高さとともに、昨年につづき、吉井町行政区でのチラシ回覧とポスター掲示、高崎市内の公民館や文化会館へのポスター掲示とチラシ配置、そして12月以降は脱原発関連集会等でのチラシ配布など宣伝活動に力を入れた結果でした。人口2万人ほどの小さな町内の140か所の掲示板に張られた乳児を抱いたベラルーシの母親の肖像は、町や村の人びとの眼にどのように映ったでしょうか。Img_0002_2

続きを読む "絶望と希望と、怒りと祈りと―『広河隆一・チェルノブイリ―展』から―" »

« 2017年2月 | トップページ