« 2017年6月 | トップページ

2017年7月 7日 (金)

思想劇 ヴィクトール・E・フランクル著『もうひとつの〈夜と霧〉ビルケンヴァルトの共時時間』を読み解く

   19年前、アウシュヴィッツを訪ねるにあたりテキストとしたのが、フランクルの『夜と霧  ドイツ強制収容所の体験記録』でした。絶望的な強制収容所のなかで、精神的な自由を維持しつづけた英雄的な人びとの話に、こころ打たれたことを記憶しています。今回、この本を読み返してみて、ただ一か所、それもたったの一行に、オレンジ色のマーカーが付けられているのを発見しました。

「私はここにいる―ここに―いる。私はいるのだ。永遠のいのちだ……。」

続きを読む "思想劇 ヴィクトール・E・フランクル著『もうひとつの〈夜と霧〉ビルケンヴァルトの共時時間』を読み解く" »

« 2017年6月 | トップページ