« ペナン島訪問記 その5 | トップページ | 浜田知明さんのご逝去 »

2018年7月 2日 (月)

ペナン島訪問記 その6

 「訪問記」から漏れた話題を三つ。
 
 まずは、ジョージタウンの中心部にあった「孫文の家」(孫中山檳城基地紀念館)について。ひと気のない玄関のベルを押したら、しばらくして家人が戸を開き、にこやかに中へ迎え入れてくれました。Img_0035_3

 中国では「国父」とも呼ばれ尊敬される孫文は、清朝打倒のための革命資金を得るため世界中をかけ周り、拠点を東京、シンガポールと追われた後、1911年の辛亥革命前にペナン島に移り、約4ヶ月滞在しました。このとき家族5人で過ごしたのが、この「孫文の家」です。Img_0028 孫文はここで、ペナン在住の華人に対して、「中国の同志は国のために命を犠牲にしているが、華人は資金の提供でのみ国を救える」と演説し、感銘をうけた参加者から次々と資金提供を受けました。その1年後に、孫文は辛亥革命を成功させています。Img_0029 ペナンでは「ショップハウス」と呼ばれる店舗兼住宅ですが、往時の裕福な中国系商人の住まいの様子が伺えて、興味深い。孫文は、玄関の間の丸テーブルに座り、美しい中庭に佇んで来たるべき革命に夢を馳せていたのかもしれません。Img_0031 2002年には、当時の中国国家副主席の胡錦涛が訪問しています。Img_0033_2 
 ペナン島北部の海岸沿いにあるトロピカル・スパイス・ガーデン(熱帯香辛料植物園)訪問は、興味深く印象的なエクスカーションでした。Img_0105 石積みのゲートを潜り抜け、チケット販売窓口で15RM(リンギット、約400円)払って入園しました。入口で、天然ハーブの虫除けスプレーをかけ、日本語音声ガイドを借りました。虫除けは、なかなか心地よい芳香がしています。Img_0049 なだらかな山に展開したスパイス・ガーデンは、ヤシの木や檳榔樹が生え育った熱帯のジャングルです。Img_0059 丁寧で詳細な音声ガイドに耳を傾けながらに、たとえばレモングラスの香りを確かめながら、見学コースを進みました。虫除けスプレーの香りがしました。Img_0065 音声ガイドは、香辛料の歴史についても語りつづけます。350年前、オランダはイギリスから、ニューヨーク・マンハッタン島と交換で、ナツメグの生産地ラン島(インドネシア)を手に入れた。当時、ナツメグは金よりも価値があった、と。 Img_0050 コースの途中に小さな休憩所があり、香辛料の見本が置いてありました。 また、素材を擂り潰すため石で作ったまな板と石棒があり、早速試してみました。何とも言えないスパイスの芳香が、漂ってきました。Dscn1967_2 そこにオーストラリアから来たというツアー客がやってきて、現地ガイドの説明を聞いていました。熱帯での炎天下、高齢者の多い見学者はいささか疲れ気味でした。Img_0078 60種類のスパイスの素材となる植物が植わっていましたが、ナツメグ、生姜、ジャスミン、バニラ、コショウなど聞き覚えのあるスパイスについては、興味深く音声ガイドを聞き、植物に見入りましたが、そのうちに疲れが増してきて、その他はパス、コース途中に設置された天然ハーブ飲料をいただき、出口へ向かいました。Dscn1975 ジャングルに生えた植物の果実や花が美しい。Img_0085   Img_0090   Img_0092  出口には香辛料の売店があり、土産用に赤コショウとクローブを買いました。Img_0096 トロピカル・スパイス・ガーデンの最後に、ニッパ椰子の屋根のレストランで、遅い昼食をとりました。12種類のタイ・タペスは、とても美味しかったです。眼下に海を見下ろす熱帯にふさわしい素敵なレストランでした。Img_0097_2 
  ペナン島滞在の最終日、市郊外の植物園へ行きました。植物園へ向かう道路は整備されていて交通量も少なく、快適なサイクリングでした。Img_0002 Img_0047 珍しくきれいな花をたのしみました。Img_0099 Img_0127 Img_0114 植物園は朝5時から開園しており、市民がウォーキングやジョギングを楽しんでいました。Img_0124 ここには、猿も多い。 Img_0279 ココナツの実に手を突っ込んでいる猿。 Img_0294 ココナツのいアマ~イ汁を、うっとりしながら、なめました。。Img_0295 早速、猿真似で、わたしもココナツ・ジュースを飲んでみました。ペナン島訪問で、もっとも幸せなひと時でした。Img_0299
 私のペナン旅行は、こうして終了しました。忙しい仕事の合間に、ジョージタウンとペナン島各地を案内してくれた次男に、感謝したい。17年ぶりの息子との生活、たった10日間の短い時間でしたが、得ることの多い日々でした。

« ペナン島訪問記 その5 | トップページ | 浜田知明さんのご逝去 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155294/66892442

この記事へのトラックバック一覧です: ペナン島訪問記 その6:

« ペナン島訪問記 その5 | トップページ | 浜田知明さんのご逝去 »