2016年12月 4日 (日)

朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの終りの日―

 京都・紅葉狩りの3日目、最終日です。嵯峨野高校生物部の後輩たちとの52年ぶりの再会の日。この日に備え、風邪を引かないように気をつけていたのですが、先週の季節はずれの雪の日以来、なんとなく風邪気味で、この一週間、気の落ち着かない日々を過ごしました。Img_2269     (嵐山・保津川右岸から対岸を見る。遊覧船がのんびり、行き交っていた)

続きを読む "朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの終りの日―" »

2016年12月 3日 (土)

朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの中の日―

 京都での紅葉狩りの二日目は、両親の墓参を兼ねて姉2人と一緒に、鷹峯・源光庵と妙心寺を訪ねました。鷹峯は京都市街の北西端にあり、やや標高のあるところから、中心部より気温は低い。紅葉はすでに盛りを過ぎ、芝地の上に落葉が積み重なっていた。Img_1978_4

続きを読む "朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの中の日―" »

朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの初日―

 この週はじめ、姉夫婦の見舞いを兼ねて、京都で紅葉狩りを楽しみました。大学時代の友人との数年ぶりの、そして高校の生物部の後輩たちとの52年ぶりの再会を、美しく朱色や緋色に染まったモミジのもとで、果たすことができました。Img_2360    (今回の紅葉狩りで、もっとも朱色が際立っていた大覚寺・大澤の池の紅葉。)

続きを読む "朱色の世界に染まる―京都・紅葉狩りの初日―" »

2015年1月20日 (火)

沖縄への旅 3-辺野古新基地建設反対運動に連帯を-

Img_5539 
 1月15日(木)、近くの民宿をたって米軍キャンプ・シュワブ前へ行きました。新基地建設反対を訴える150人を超える人びとがゲート前に座りこみ、機動隊やガードマンと対峙していました。その様子を、報道記者やカメラマンが、注意深く見守っています。前夜から15日の未明にかけ、建設機器搬入を阻止しょうとする市民と警官との間で、激しいもみ合いがあり、現場には緊張感が漂っていました。座り込み現場での集会で、発言者は次々と、抗議の声をあげました。

続きを読む "沖縄への旅 3-辺野古新基地建設反対運動に連帯を-" »

2015年1月19日 (月)

沖縄への旅 2 -佐喜眞美術館で「沖縄戦の図」を観る-

Img_5421
 木曜日の夕方近く、宜野湾市の佐喜眞美術館を訪ねました。丸木位里・俊夫妻の「沖縄戦の図」を観るためです。入口から入った最初の部屋では、草間彌生展が開催されており、昨春松本で見たあの大きなカボチャの版画に、再会しました。

続きを読む "沖縄への旅 2 -佐喜眞美術館で「沖縄戦の図」を観る-" »

2015年1月18日 (日)

沖縄への旅 1-アジア太平洋戦争終結70年の年に-

Img_5612
 沖縄を
旅してきました。三度目の沖縄です。一度目は48年前(学生時代)に、八重山諸島の稲作調査で訪れました。当時は日本復帰前で、パスポートとドル紙幣をもっての旅でした。空には、ヴェトナム空爆に向かうB52戦略爆撃機が、爆音を轟かせていました。二度目は、就職して五年目の年、沖縄の花卉栽培について学ぶためでした。この二度の沖縄訪問では、沖縄戦の跡を辿ることも、米軍基地に近づくこともありませんでした。
 

続きを読む "沖縄への旅 1-アジア太平洋戦争終結70年の年に-" »

2014年10月12日 (日)

尾瀬快晴

Img_4500 昨日、尾瀬ヶ原を散策。これまで幾度となく訪れた尾瀬で、これほどに終日快晴だったことは、めずらしい。

続きを読む "尾瀬快晴" »

2014年8月20日 (水)

帝釈山・田代山登山行

 昨日、なかま4人とともに、南会津にある帝釈山と田代山に登りました。早朝、桧枝岐村の民宿を車で出発し、砂利道の林道を50分ほど走り、福島県と栃木県の県境・馬坂峠に到着しました。ここが、帝釈山登山口。激しい雨の降った前日にかわり、天気は快晴。気持ちいい。Img_39061_2       (馬坂登山口駐車場とトイレ。ここ馬坂峠は、標高1,790メートル)

続きを読む "帝釈山・田代山登山行" »

2014年6月27日 (金)

中学同窓会・鄭周河(チョン・ジュハ)写真展&金城実 彫刻展 ― 故郷・京都にて ―

 先週末、中学校同窓会への参加と墓参をかねて、京都へ行きました。同窓会の前後には、たまたま開かれていた福島と沖縄をテーマとした二つの美術展にいく機会に恵まれ、また墓参に際しては、姉夫婦とともに大原と宇治の寺院の庭園を見ることができました。Img_3118 (大原・実光院の庭園の池に咲いていたコウホネ(河骨)の花。この庭園には、茶花となる庭木が多く植えられ、現在ナツツバキ(沙羅の木)の白い花が満開でした。)

続きを読む "中学同窓会・鄭周河(チョン・ジュハ)写真展&金城実 彫刻展 ― 故郷・京都にて ―" »

2013年8月24日 (土)

フランドルおよびアルザス、ロレーヌへの旅 -13-

パヨッテンランド(8/1・木、8/2・金、ブリュッセル郊外)

 今回の旅行の最後の訪問地ブリュッセル郊外のパヨッテンランドに行く途中、大学都市ルーヴェンに立ち寄りました。おもしろい彫像が、街のあちこちに建っていて、目を楽しませてくれます。そのなかに、まことに奇怪なブロンズ像がありました。左手に本をもち、右手のグラスからぼっかり開いた頭の中に、ビールを流し込んでいる。「フォンスケ(Fonske)」(ラテン語で「知恵の泉」の意味)という愛称で呼ばれ、学生を象徴しているのだそうです。大学とビールの街のウィットに富んだ彫刻です。Img_0854

続きを読む "フランドルおよびアルザス、ロレーヌへの旅 -13-" »

より以前の記事一覧